Loading

Next Stage

総合評価:☆☆☆
対象:基礎から国立二次
おすすめポイント:見やすさ、対応範囲

単元毎に頻出の文法問題の習得が出来る。単元毎に分かれているため、的を絞って勉強することが出来る。

見やすさ

左ページは問題、右ページは解説というレイアウトで読みやすい。語彙やアクセントの項目では表を使って分かりやすく書いてある。

わかりやすさ

書いてあることは一般的だが、重要な箇所が強調されており分かりやすい。また、単元ごとに分かれているため、連動して暗記することが出来る。

対応範囲

文法・語彙・アクセントの中堅大学合格ラインレベルまでの範囲を学ぶことが出来る。各大学で必答レベルの問題が多いので、基礎固めに適当。

オリジナル性

コンテンツの内容・構成は一般的な参考書と同じである。頻出事項のまとまりが特徴である。

費用対効果

読解問題・英作文・リスニング以外の範囲をほぼ網羅出来ているため費用対効果はよいと思われる。
ただし、問題演習中心なので、まずは文法・語彙の学習をする必要がある。

関連記事

  1. 英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える (駿…
  2. 基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
  3. 新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1)
  4. 【数学Ⅲ】これから先取り!夏までに範囲を終わらせる【極限・微積分…
  5. 文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入…
  6. 【GMARCH】現代文おすすめ参考書ルートを紹介!【半年かからず…
  7. 【休校期間の過ごし方】朝昼夜 あなたの集中できる時間はいつか?
  8. 【Z会古文問題集】徹底分析!4冊の使い勝手は?【入門、上達基礎、…
PAGE TOP