Loading

現代文と格闘する (河合塾シリーズ)

総合評価:☆☆☆
対象:共通テスト(センター)・私大から国立二次
おすすめポイント:わかりやすさ

その場しのぎのテクニックではなく、どう筆者の主張にアプローチするかを学べる。『田村の現代文講義1』等で基礎力を付けた人にオススメ。
「『ことば』をイメージする」「文章を読みつなぐ」「文章と格闘する」の3部構成であり、キーワード等のインプット、現代文を読解するための「読みつなぎ方」の解説、それを用いた問題演習という流れになっている。

見やすさ

文字が多少小さすぎる部分があり、読みづらいところもある。解説の量が多いので、文字が小さく視覚的に見づらい部分がある。

わかりやすさ

難解な文体で書かれている部分があり、現代文の基礎がないと難しい部分がある。解説量が多いので、理解が捗る。

対応範囲

私大等の現代文対策に特化しているため、対応範囲は狭い。ただ、現代文の基礎を学んだ後の学習には適している。

オリジナル性

内容やレイアウトでオリジナル性は特にない。

費用対効果

読了すれば、難関大現代文の解き方がわかる。ただ、本書を使用する時点で現代文の力がないと、あまり効果がない。加えて、難関レベルの橋渡しのレベルのため、国立・難関私大を受ける人は、更に学習を進める必要がある。

関連記事

  1. マスター・オブ・整数―大学への数学
  2. 文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入…
  3. 【2科目選択】東大社会はどれを選ぶ?傾向も合わせて把握!
  4. 【真の意味を理解せよ!】英単語を覚えていても英文が読めないワケ
  5. 【日本史】アウトプット重視の参考書3冊を徹底比較【こういう人にお…
  6. 新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1)
  7. 私立大学医学部難易度ランキング2021【ナカハシ分析】
  8. 聞いて損なし!絶対やってはいけない「NG」勉強法5選!
PAGE TOP