Loading

段階式 日本史論述のトレーニング

総合評価:☆☆☆
対象:国立二次から難関大
おすすめポイント:見やすさ、わかりやすさ、オリジナル性

4つの章に分かれており、50~90字の小論述から始まり、最終章では300字以上の論述まで、段階式にトレーニングを行っていく。
序章では、日本史の論述を行うに当たって必要な事項について学ぶ。

見やすさ

解説はそれぞれパートが分かれており、順番に解答に至るプロセスが記されており読みやすい。
重要事項は赤字で書かれており、赤の暗記シートを使って知識の確認が出来る。

わかりやすさ

解答に至るプロセスを順番に説明しており、何故解答のようになるかが理解しやすい。
知識の整理があり、論述の前提知識の確認が出来る。採点ポイントが記されており、自分で作った答案を自己採点しやすい。

対応範囲

私大の小論述から国立二次試験の大論述まで対応している。
ただし、文字数で構成されているため、時代ごとの網羅性はない。

オリジナル性

字数でステップを分けて、日本史の記述力を段階的に鍛えていく参考書という点で独自性がある。

費用対効果

日本史の論述をやったことのない人はステップを踏んで論述力を鍛えることが出来るので有用。しかし、特定の大学や特定の時代を学習したい人にとってはあまりコストパフォーマンスは良くない。

関連記事

  1. 【開成→東大卒が教える】現代文の勉強法 基礎編! 理解のための4…
  2. 【難関大受験】大学への数学シリーズは◯◯な人にオススメ!
  3. 新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1)
  4. 基礎からのジャンプアップノート 漢文句法・演習ドリル 改訂版
  5. 三羽のセンター古文・漢文これだけ! (東進ブックス―名人の授業)…
  6. 【古文徹底解説】古典ちゃんねる高ハシが教える 志望校別古文勉強法…
  7. 古文解釈はじめの一歩―文法から解釈へ
  8. 東大英単語熟語 鉄壁
PAGE TOP