Loading

数学II・B標準問題精講 改訂版

総合評価:☆☆☆☆
対象:国立二次
おすすめポイント:見やすさ、わかりやすさ、対応範囲

頻出の代表的な良問を「標問→精講→解法のプロセス→研究」という段階的なプロセスで考え方や解き方が理解できる。標問の類題演習が充実しており、合否の分かれ目となる157題を「標問」として厳選。

見やすさ

黒と赤の二色使いのため、読みやすい。重要な公式や事項については赤字で書かれており、ポイントが見やすい。

わかりやすさ

多段階に解説が分かれているため理解がしやすい。ヒントもついているため、自分の解答がどこで行き詰ったのかが分かる。

対応範囲

大学入試の国立二次や私大の標準的な問題は網羅されており、やや難易度の高い問題もある。「文系数学良問のプラチカ」よりも解説の記述が多く、分かりやすい。

オリジナル性

独自性は特にないが,大学入試頻出の良問が揃っている。

費用対効果

大学入試の国立二次、私大の標準的な問題を網羅しており、演習問題も充実しているため、1470円は安く、コストパフォーマンスは高い。

関連記事

  1. 【開成→東大卒が教える】現代文の勉強法 基礎編! 理解のための4…
  2. 【地方受験生必見】地元に進学か東京に進学 両者のメリット・デメリ…
  3. 【参考書紹介】関正生の英文法ポラリスシリーズを徹底解説!
  4. 【サブ教科は先手必勝】化学の教科書終わった後にやる参考書・問題集…
  5. 【英単語帳】これで英単語は完璧⁈有名英単語帳6種の特徴と使い分け…
  6. 伊達の速効日本史最勝王―代々木ゼミ方式 (Part1)
  7. 三羽の漢文 基本ポイントこれだけ! (東進ブックス―名人の授業)…
  8. ベクトル<平面図形>が本当によくわかる本 (細野真宏の数学が よ…
PAGE TOP