Loading

数学II・B標準問題精講 改訂版

総合評価:☆☆☆☆
対象:国立二次
おすすめポイント:見やすさ、わかりやすさ、対応範囲

頻出の代表的な良問を「標問→精講→解法のプロセス→研究」という段階的なプロセスで考え方や解き方が理解できる。標問の類題演習が充実しており、合否の分かれ目となる157題を「標問」として厳選。

見やすさ

黒と赤の二色使いのため、読みやすい。重要な公式や事項については赤字で書かれており、ポイントが見やすい。

わかりやすさ

多段階に解説が分かれているため理解がしやすい。ヒントもついているため、自分の解答がどこで行き詰ったのかが分かる。

対応範囲

大学入試の国立二次や私大の標準的な問題は網羅されており、やや難易度の高い問題もある。「文系数学良問のプラチカ」よりも解説の記述が多く、分かりやすい。

オリジナル性

独自性は特にないが,大学入試頻出の良問が揃っている。

費用対効果

大学入試の国立二次、私大の標準的な問題を網羅しており、演習問題も充実しているため、1470円は安く、コストパフォーマンスは高い。

関連記事

  1. 出口のシステム現代文―大学入試 (センター対策編)
  2. 得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)
  3. 船口の現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー―代々木ゼミ方式
  4. スタディサプリ攻略法!成績が上がる映像授業の活用法を紹介
  5. 船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)
  6. 現代文と格闘する (河合塾シリーズ)
  7. 新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1)
  8. 【休校期間の過ごし方】朝昼夜 あなたの集中できる時間はいつか?
PAGE TOP