Loading

得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)

総合評価:☆☆☆☆☆
対象:国立二次
おすすめポイント:見やすさ、わかりやすさ、対応範囲、オリジナル性、費用対効果

記述のポイントが記載されており、自分で記述対策が出来る。
記述の書き方、対策が記載されているため、どのように古文の記述問題を対策していけばいいかが分かる。
第一部の典型問題篇では、記述問題の三つの類型についての解法の仕方について学ぶ。
また受験生の実際の答案を添削しており、記述解答の要点が分かるようになっている。
第二部の練習問題篇では、12題のオリジナル問題を使って、第一部で学んだ書き方を実践していく。

見やすさ

採点のポイントごとに解説がされているので読みやすい。
実際の答案を添削し、解説していくので、解答のポイントが見やすい。

わかりやすさ

採点基準をポイントごとに記述しており、加点の可否も細かく記述しているため、自分で採点をしやすい。
初めに問題の類型ごとに記述の仕方が記載されているため、自分で記述する上で参考になる。
練習問題の解説は採点基準、設問解説、本文内容の要約、出典が記載されていて、不明点を残さず読める。

対応範囲

問題のレベルは国立二次、私大の標準レベルで、古文の記述対策全般をカバー出来る。
しかし、問題のレベルが高い難関国立まではカバー出来ていない。

オリジナル性

記述対策に特化した古文の参考書は珍しく、独自性がある。

費用対効果

1000円で古文の記述全般の対策が出来るという点でコストパフォーマンスは高い。
練習問題は12題とそこまで多くないが、古文の記述対策には十分な分量を有している。

関連記事

  1. 得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)
  2. 話題別英単語 リンガメタリカ
  3. 【地方受験生必見】地元に進学か東京に進学 両者のメリット・デメリ…
  4. 基礎英文法問題精講 3訂版
  5. 富井の古文読解をはじめからていねいに
  6. 模試の選び方&有名模試の特徴を一挙紹介!【東進 / 河合塾 / …
  7. 【GMARCH】現代文おすすめ参考書ルートを紹介!【半年かからず…
  8. 【2科目選択】東大社会はどれを選ぶ?傾向も合わせて把握!
PAGE TOP