Loading

伊達の速効日本史最勝王―代々木ゼミ方式 (Part1)

総合評価:☆☆☆
対象:基礎
おすすめポイント:見やすさ、わかりやすさ

年表を使い、空欄穴埋めをしながら日本史の知識の確認を行う参考書。
左ページに年表、右ページには確認時代の重要事項の解説がされている。

見やすさ

左ページに年表、右ページに解説とシンプルなレイアウトになっており、読みやすい。年表形式になっているため、時代と用語の関連が付けやすい。

わかりやすさ

重要事項の解説は記述が多く分かりやすい。
ただし、解説のある用語はかなり少ないため、日本史初学者には理解が難しい。

対応範囲

日本史の流れは全般に載っており、用語も細かい。
しかし、用語の解説は少ないため、通史を学んだ人が知識と流れを確認し、定着させるために使う参考書である。

オリジナル性

年表を使った、流れの確認に特化した参考書という点で独自性がある。

費用対効果

1320円で、日本史の通史の流れをチェック出来るのみのため、あまりコストパフォーマンスは良くない。
しかし、用語を覚えたが時系列でのイメージが出来ていないという特定の課題を有している人には有用な参考書である。

関連記事

  1. 【2科目選択】東大社会はどれを選ぶ?傾向も合わせて把握!
  2. 新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1)
  3. 得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)
  4. 【参考書比較】漢文ヤマのヤマVS早覚え速答法 10の視点で徹底比…
  5. 【数学Ⅲ】これから先取り!夏までに範囲を終わらせる【極限・微積分…
  6. DUO3.0
  7. 三羽の漢文 基本ポイントこれだけ! (東進ブックス―名人の授業)…
  8. 【高1生・高2生に告ぐ!】今から勉強を始めるべき3つの理由
PAGE TOP